小さな幸福を見つける毎日
プロフィール

ようこ

Author:ようこ
小雪(シャオシュエ♀)と小龍(シャオロン♂)とNっちと台湾でまったり暮らしています♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
予想通り、この滞在中も観光的なことができていません、と言うか、していません・・・。
いつもの年末年始は、なんと言っても寒すぎるのであまりお出かけもできないけど、、
5月の、こんないい時季は、ぜったいどこかに行かなくちゃ!!
しかし現実は、いい時季なだけに、家にいて、緑とウグイスの鳴き声を愛でているだけで楽しくて・・・ますます出不精です。

言い訳として、この時季、京都の観光地は、平日もおそろしく混んでます><。
宇治橋周辺でさえも渋滞ができています。

素敵な京都旅の情報を待っていてくれた台湾のお友達、ごめんね。 
やっぱりできませんでした(>人<;)。
先日の日曜、おとおとが奈良に用事で車で出かけるので、便乗して奈良公園で降ろしてもらって、鹿に鹿せんべいあげて来ようと張り切っていたのですが、当日は今年一番の猛暑で36度とか。

熱中症を恐れてと、そんな猛暑では、鹿さんもアクティブではなかろうと、行くのを断念しました。

唯一、観光っぽいコト。
5月20日(火)
京セラドームに野球を観に行った日。ゲーム前に心斎橋でエッグスン・シングスでパンケーキを食べた後、まだ時間があったので、
周辺をぶらぶらしたのですが、道頓堀・・・・・ここはどこの国?状態。
聞こえてくるのは、中国語、韓国語、タイ語?等々・・・・・アジア、中東系の言葉ばかり。
店内アナウンスも、中国語、韓国語・・・。
たくさん観光に来てもらえることは嬉しいことなのですが。 道頓堀って、いつからこんな風になった?!

食べ物屋さんが多く、ラーメンが食べたかったけどお腹もいっぱいなので、道頓堀川沿いのドンキで
台湾に持ち帰るお土産でも、と入ったのですが、そこはさらに無国籍状態。
なんかちょっと恐い感じがしてしまいました。 なんか70~80年代の香港、って感じ。知らんけど。
恐くて早々に店を飛び出たら、そこがこんな船の乗り場だったので、乗ってみることに。

とんぼり(道頓堀)リバークルーズ。 (なんで”えちぜん”なんかな?道頓堀と何か関係があるのかな?)

道頓堀のドンキは、この特徴的な観覧車(現在休止中、再開予定未定・・・)の下にあります。そのまん前が乗り場。

この、ヘドロ色の川をボートで20分のクルーズに出るのですが、風を受け、意外と気持ち良かったです。

ただひたすら、大阪ミナミの裏側を眺めるクルーズです・・・。
有名な(旧)いづもやや、雑居ビルにある怪しげなマッサージ店や、ラブホテルの裏側なんかが見れて、なかなか興味深いです。
たくさんタオルが干してあったりして、生々しい・・・。
きっとこの中のいくつかには、何か恐い組織のアジトがあるはず!

乗ったとたん雨で、傘をさしながら。

日本橋から浮庭橋までを往復するのですが、戎橋はこのグリコの看板で有名ですね。 別名”ひっかけ橋”です。

1985年の阪神タイガース優勝時にたくさんのファンがこの戎橋から道頓堀川に飛び込んだことでも有名です。
カーネル・サンダースも投げ込まれました。
このヘドロ色の川も、その時よりはずいぶんきれいになったようです、これでも。

時間潰しになかなか楽しかったですが、20分700円・・・・・私たち以外はみんな外国の方だったようですが、
外国の方にはちょっと高いのではないでしょうか??
女子みたいにパンケーキも食べて、これから阪神・オリックス戦!でテンションアゲアゲだった私たちは、
つい700円払って乗ってしまいましたが、アジアの方々が、あの景色を見て、楽しいかなぁ? 
500円にしてあげて!

道頓堀は立体看板も有名ですが、





こんな写真ばっかり撮っても、誰もが知ってるものばかりなのでつまらないですね!

結論として。 とんぼりクルーズ、日本の方にはオススメです。 なかなかディープな大阪が見られるので、
大阪に行く機会があったら、検討してみて下さい♪
スポンサーサイト
<< 黒田パンべえ // HOME // 日本の進化に付いていけない >>

管理者にだけ表示を許可する
// HOME //